2010/12/20

あと5日でクリスマス Cinq jours jusqu'au Noel


クリスマスまであと5日。
今日、カトリック教会のミサで読まれる福音書はルカ福音書による「受胎告知」の箇所。
そんなわけで「受胎告知」を描いたマテリアルをアップ。



これは「聖ガブリエル協会第13回世界大会」を記念したスロバキアの官製ハガキシリーズの中の一枚。
ハガキの左部分に、ニトラ市にある聖エメラムス大聖堂の「受胎告知」を描く彫刻部分が描かれている。
白の漆喰に金地を施した、豪華絢爛なバロック様式の迫力がよく描けていると思う。


ちなみに「聖ガブリエル協会」は宗教に関する切手コレクターの団体で、欧州を中心に多くの支部を持つ。
この郵趣団体は4年に1度、大会を開いており、直近では2008年7月にスロバキアのニトラで開かれたところ。
宗教切手の仲間を募って、日本支部を開けたらなぁ。

Cinq jour jusq'au Noel.
Aujourd'hui, on lit dans la messe une partie de l'Evangile selon St.Luc concernant l'Annonciation.
Pour célèbrer ce jour, je voudrais partager une carte sur ce sujet.

La carte ci-dessus est une de la série de la Slovaqie,commemorant "XIIIème congrès mondial de la Fédération St.Gabriel".
Au gauche de cette carte postale, on represente un détail de la sculpture reproduisant l'Annunciation de la cathédrale Saint-Emmeran de Nitra.
La baroque est ma favori donc cela me plaît beaucoup.

A noter que la Fédération de St.Gabriel est une organisation de la philatélie consarée au sujet religieux.
Le congrès mondial se tient chaque quatre ans et le dernier a eu lieu en juillet 2008 à Nitra en Slovaquie.


スポンサーサイト
2010/12/16

ロシアのサンタクロース Russian Santa Claus

 久しぶりに届いたロシアからカバーをアップ。




 手紙に貼られた切手は、2010年発行の「ユネスコ世界遺産」シリーズからの一枚で、ヨーロッパ・ロシアの北西部にあるフェラポントフ修道院と、同修道院の礼拝堂にあるフレスコ画が描かれている。(フェラポントフ修道院については、このこのサイトが簡潔にまとめている)。

 この切手の面白い点は、まずそのユニークな形。礼拝堂のドームに描かれているフレスコ画が、半円形の形をした切手の上に再現されていて、実に雰囲気が出ている。

 フレスコ画に描かれた人物は、その持ち物から判断するに、聖ニコラウス、つまりサンタ・クロースのモデルとなった聖人。まさに12月という季節にぴったりの人物なのも、いい。

 この美しいカバーを送ってくれたウラジーミルさん、ありがとう!!

 Today,I would like to post an interesting cover from Russia.

The stamp on the envelope above is one commemorating "UNESCO World Cultural Heritage in Russia", depicting
Ferapontov monastery which is located in the north-west European-Russia and a detail of the Fresco painting
in this monastery.

I find this stamp very interesting. I think its unique half-round shape is well worked for representing
a fresco painting on the dome.

I wold also like to mention a person on this stamp. Judging from his belongings(i.e. stole over his neck),
he might be St.Nicholas, a model for the Santa Claus!

Thnak you Vladimir for this beautiful cover!!


2010/12/13

教皇を描いた日本の消印 Pape sur l'obliteration japonaise

11月のJAPEXで手に入れた小型印を紹介。



小型印の真ん中に描かれている人物は、前のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世

日本の郵政当局は宗教家を切手や消印の題材として取り上げることに極めて消極的なので、これは大変珍しいと思う。

ちなみに小型印のモデルになった切手は、ポーランドの「教皇追悼」記念の切手。


Aujourd'hui, je voudrais partager une obliteration aquise a l'expostion philatelique qui a eu lieu a Tokyo en novembre.

Regardez une personne representee au centre.

C'est ancien pape Jean-Paul II!

Je le trouve tres rare parce que l'autorite japonaise observe la laicite et ne veut pas representer les peronnes religieuses sur ses timbres et obliterations.

L'image represente sur l'obliteration est tiree du timbre polonais celebrant la mort du Pape.
2010/12/10

ロレートの聖母 Feast of Our Lady of Loreto


今日はカトリック教会の暦では、ロレートの聖母の祝日
そこで、それにちなんだ郵趣マテリアルを切手コレクションから紹介。



上にアップしたものは、ヴァチカンから最近発行された航空書簡で、ロレートの聖母を飛行機を使う旅行者の守護聖人と宣言されてから90周年を記念して発行されたもの。

古い伝説によれば、イエズスがナザレトで暮らしていた聖なる家は天使たちによって、ガリラヤからイタリアのロレートまで運ばれたといわれており、その伝承がロレートの聖母と飛行機を結びつける縁となったそうだ。

イスラム教徒のテロリストによって空の旅は脅かされている昨今、ロレートの聖母、私たちのために祈りたまえ。


As today is the feast of Our Lady of Loreto on the Catholic church calendar, I would like to share one item from my stamp collection to readers.

Here is a Vatican aerogramme issued in 2010 celebrating 90th anniversary of the proclamation of Our Lady of Loreto as patron of airplane travelers .

According to ancient tradition, the Holy House of Nazareth of Jesus was transported by angels from Galilee to Loreto, Italy. This legend formed a connection between Our Lady and flight.

Recently,travel by airplane has been threatened by Islamic terrorist attacks. So, Our Lady of Loreto, pray for us!
2010/12/08

無原罪の御宿りの祭日、Feast of the Immaculate Conception




(グアテマラ、2008年)
(Guatemala,2008)

カトリック教会の暦では、今日は無原罪の聖母の祭日。
スペイン語圏の国では国の祝日にもなっているが、信者数1%未満の日本では国の祝日ではない。
残念・・・

 上にアップした切手は、グアテマラの「フランシスコ修道会創立800年」の記念切手
デザインに聖フランシスコを選ばず、同国にある聖フランシスコ教会の無原罪の聖母を選んでいる点がおもしろい。

 コレクターは、この切手を聖母というテーマでも、聖フランシスコというテーマでも位置づけられるからだ。

Today,we have the feast of Immaculate Conception on Catholic church calendar.
In many countries in Spanish spoken area, today is celebrated as a national holiday.
Alas, in Japan where less than 1% of population's denomination is Catholic, we have to work today.

Stamp above is Guatemalan one featuring 800th anniversary of the Order of Friars Minor(the Fransiscans).
I found it very interesting because its design is from Virgin Mary of Immaculate Conception of St.Fransis
church in Guatemala,so this stamp is suitable for collectors on both St.Fransis and on Virgin Mary.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。