2011/12/20

クレーシュに置く幼児イエズスの像について

 カトリック系のニュース通信社Zenit(ゼニット)英語版の名物コーナー、「典礼質問箱」からの翻訳をUPする。今回は待降節にちなんだクレーシュ(キリストの降誕を再現した飾りつけのこと)に関する質問で、2007年12月4日の記事から(原文はコチラ)。
****
質問
 御降誕の場面を屋外または屋内に設置する場合、幼児イエズスの御像は「初めから(ab initio)」そこに置き、クリスマスの真夜中のミサではそこに置かないという印象を持っています。この考え方を裏打ちしてくれる公文書はありますか?(ニューヨーク州ウッドサイド、M.H.さん)

回答
 私たちは慣習のある世界に住んでおり、慣習は地域によって異なります。ある選択はまた状況次第でもあります。

 公文書にはこの主題に関してほとんど言及しているものがありませんが、『民間信心業事典(Directory of Popular Piety)』の111項には以下のようなことが記されています。

 クリスマスの真夜中のミサにおいて、典礼的に主要な意味を持ち、民間信心業において強く根付いているものは、次のものが人気を博している・・・ミサの終わりに信者は幼児イエズスの像に接吻するために集まり、それから教会の中又は近くのどこかに設置されたまぐさ桶にそれを安置する。

 これは厳格な法というより司牧的な勧めではありますが、教会の中又は近くに置かれたクリスマスのまぐさ桶は公には真夜中のミサになってはじめて覆いをとるべきであることが望ましいことを示していると言えます。

 もし教会でクリスマスの前晩のミサを行うなら、12月24日の夕方にまぐさ桶を設置することも技術的にはありえます。ただこの可能性は典礼的に正しくても、信心の観点からは効果が薄いでしょう。というのはキリストの誕生を真夜中のミサと関連付ける傾向が信心にはあるからです。

 地域によってはまぐさ桶に使用する別の(普通はより大きな)像を用意する慣習もあります。信者はクリスマスの日の全てのミサの終わりに幼児イエズスの像に接吻をするために集まります。
.
 典礼という環境の外で、カトリックの家庭や学校での習慣は非常に様々です。私が知っているある家庭では、まぐさ桶を居間に設置するのですが、聖家族、羊飼い、三人の賢者の像は部屋の隅に置きます。毎日、家族でそれらの像を一歩ずつ前に進ませ、クリスマスの真夜中のミサから帰ってくると、クレーシュに置きます(但し、三人の賢者は例外で、1月6日に置くようにします)。

 しかし、クリスマスの前にクレーシュを完全に設置するもっともな理由もあります。例えば、カトリック向けの店のオーナー、学校又は繁華街にある教会では忙しく往来する人にクリスマスは本当は何なのかを思い起こさせたいと思うかもしれません。

 ですから、クレーシュによって、ある歴史的な出来事の再現と、この出来事が人類と救済史において中心的で決定的な瞬間であるというキリスト教徒の信仰の証言が合わさるのです。

そのような場合、最初から幼児イエズスの像を置くことはほとんど確実といって望ましいものでしょう。空っぽのまぐさ桶を讃えるように眺めるマリア、ヨゼフ、羊飼い、三人の賢者、天使の群れの像を置くことはほとんど意味がありません。

 既に熱心なキリスト信者がクリスマスの期待からまぐさ桶を空っぽにすることを守っていますが、多くの人にとってそのシンボリズムは失われているかもしれません。その人々たちのためには、完全な御降誕の場面をよく再現することが、「冬の祭日おめでとう!(Happy Winterval)」と書かれた薄っぺらな飾りの中で、真の明かりの火を付けるものになるのでしょう。

以上
****
(感想)
 アドベント・リースに並んで、カトリック信者になじみのあるクリスマスの飾り付けが、このクレーシュだろう。我が家にも小さいものだが、素焼きでできた聖家族の像があり、待降節から降誕節まで飾っている。

 幼児イエズスの御像をクレーシュに置くタイミングについては、マクナマラ神父の記事によれば、最初からクレーシュに安置していても、安置していなくても、それぞれがもつシンボリズムが失われていない限りは、意味があり、問題がないというものなのだろう。

 クリスマスまであと5日。キリストの降誕を祝福する日が待ち遠しい。
スポンサーサイト
2011/12/13

アドベント・リースのローソクについて

 カトリック系のニュース通信社Zenit(ゼニット)英語版の名物コーナー、「典礼質問箱」からの翻訳をUPする。今回は待降節にちなんだアドベント・リースに関する質問で、2011年12月6日の記事から(原文はコチラ)。

**********
質問
 待降節の第二週にどのローソクに火をともすのか、決められた順番があるのでしょうか?典礼委員会では最初に火を付けたローソクの右にあるローソク(時計回りに)だと言う人々もいれば、左側のローソク(反時計回りに)だと言う人々もいます。第三週目は赤いローソクだと分かっているのですが。(米国カリフォルニア州、サンノゼ、D.C.さん)

回答
 特に決められた順番というのは、公式にも伝統的にでさえもないように思います。ただし、赤いローソクが待降節第三週(ガウデーテの主日)に灯されるということは例外的に決まっていますが。他の3つのローソクは慣習的に紫色ですが、祝福のための儀式書では4つの紫色又は白色のローソクが認められています。プロテスタントでは、赤色のローソクを4本用いることが一般的で、時にキリストを表すために真ん中に白色のローソクを1本つけることがあります。イタリアやブラジルのような国では、異なる4つの色が使用されており、キリストが近づくにつれ、世界に明かりが広がっていくことを意味するために暗い色から明る色へとローソクが順番に灯されます。

 一番目と二番目のローソクについて決まった順番がないように見える一方で、それらが灯される順番は守るべきであるという伝統があるように見えます。言いかえれば、待降節第四週になると、第一週目のローソクを最初に灯し、次に第二週目のものを、さらにバラ色のローソクへと続き、最後に四本目のローソクが輝き始めます。この順番は第四週を超えて、ローソクが灯されるような場合はいつも維持されるべきです。

 アドベント・リースの起源については諸説あります。起源をキリスト教以前のスカンジナビアの習慣に置く人もいれば、中世又は16世紀のルター派に起源を置く人もいます。現代の形のアドベント・リースはドイツのハンブルグで1839年に、プロテスタントの牧師ヨハン・ハインリヒ・ヴィヘルン(1808-1881)の司牧的発案により始まったという研究者さえいます。アドベント・リースはゆっくりとカトリック教会を含む他の教会へと、そして他の国へと広がり、合衆国では1930年代に広がり始めたということです。

 ただ、この説はありえません。ある慣習、特にこの慣習のように適用することを許す公的文書の裏付けがない年ごとの慣習は約三世代たってから、昔からのものと見ることができます。北米を別とすれば、アドベント・リースの使用は比較的新しいもので、ここ20年そこらでラテンアメリカの一部の地域、そしてイタリアにさえ広がりました。

 起源の真実が何であれ、アドベント・リースは大部分のキリスト教諸派が共有でき、大切にすることができるシンボルです。

 アドベント・リースのもつ象徴性は極めて美しいものです。始まりも終わりもなく、常緑樹で作られたリースの円環は永遠とキリストに基づく永遠の命を表しています。

 4つのローソクは待降節の4週間を表し、順番に火を灯すことはメシアの訪れへの期待と希望を表現しています。4週間の捉え方は様々です。例えば、第一週は太祖と望徳を、第二週は預言者と平和を、第三週は洗者ヨハネと喜びを、第四週はマリアと愛徳を思い起こさせます。5番目の白いローソクがある場合、それは当然キリスト、世の光を示し、クリスマスイブ又はクリスマス当日に灯されます。

 4週間の意味するものについては、それがこの季節の典礼の特徴と調和しているなら、他の考え方も可能です。

以上
**********
(感想)
 アドベント・リースのもつ象徴性の豊かさに改めて気づかされた。4本のローソクが待降節の4週を指していることは知っていたが、リースの円環が永遠性を表していると言うのは私には初耳だったので、興味深かった。

 またアドベント・リースのローソクの色も紫とピンクだけでなく、意味をもったバラエティが地域毎にあることも面白いなあと思った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。