2018/06/07

イエスのみ心の祭日の集会祈願

6/8(金)はイエスのみ心の祭日に当たるので、その日のミサの集会祈願について書きたい。

通常形式のミサの集会祈願は2つ用意されているが、ここでは特別形式ミサの集会祈願と同じ祈りをとりあげたい。それではラテン語規範版の祈りを見ていこう。

ラテン語規範版 拙訳 日本語公式訳
Deus, qui nobis in Corde Filii tui, nostris vulnerato peccatis, infinitos dilectionis thesauros misericorditer largiri dignaris,

concede, quaesumus, ut illi devotum pietatis nostrae praestantes obsequium, dignae quoque satisfactionis exhibeamus officium.
神よ、あなたはわたしたちの罪によって傷つけられた御子の御心のうちに、愛の無限の宝を慈悲深くもお与えくださいます。

切に願います。御子に対する私たちの神への愛の心からの奉献(従属)によって、私たちが適切な贖いの務め(義務)を果たすことができますよう、お許しください。
聖なる父よ、あなたは、人類の罪のために刺しつらぬかれたおん子のみ心のうちに、限りないいつくしみの泉を開いてくださいました。

わたしたちが、心からの奉献によって、キリストの愛にこたえることができますように。


ラテン語規範版では一文であるが、構造上は神に対する二つの祈願で構成されている。前半のqui節は神(Deus)を修飾し、神に関する事実を述べる役割を果たしている。後半は前半を受けた祈願という構造である。

前半部分で語られる神に関する事実とは2つあり、一つ目は私たちの罪のために神の御子イエスの心臓は刺し貫かれたということ、二つ目はその心臓のうちに、父なる神は尽きることのない愛の贈り物を私たちに慈悲深く今も与えてくださっているということである。私たちに罪に対する罰ではなく、犠牲的愛でもって報いられるがゆえに「慈悲深くも」(misericorditer)という言葉が用いられ、その愛が今も与えられているがゆえに「与えてくださいます」(largiri dignaris)と現在形が使用されているのだろう。

後半の祈願の部分に進もう。父なる神への祈願内容はut節に述べられている。その内容とは御子イエスに対して神への愛(pietatis)による供え物(obsequium)を捧げることで、私たちの罪を償う適切な贖いの義務を全うすることである。「obsequium」は「~に従うこと」「~を承認すること」という意味もある。つまり、御子イエスに対して心から同意し従うことがまず私たちがなすべきこととして述べられている。

次に「務め(義務)」(officium)という言葉が使用されていることに注意を向けたい。私たちは洗礼で原罪と自罪を赦されているが、洗礼後も罪の傾きが残るがゆえに罪を犯す。それだけではない。自分自身が犯さなくても、兄弟姉妹である人々が犯した罪に対しても贖いが必要である。その贖いの業とは、隣人愛に基づく行為があげられよう。

この集会祈願の内容をおさらいすると、まず御子イエスの死を通して、私たちの罪を贖う神の愛が先に示されたこと、この愛の結果、私たちは御子に対して神に対する敬神の心からの同意(従属)を示すことで応え、同時に贖いの業として隣人愛に基づく愛徳の業を実行する務めを果たすことができるようになるということが述べられている。内的な神への愛(pietas)と外的な隣人愛(caritas)は分けることができないとするキリスト教倫理の基本がここに示されている。この集会祈願の内容は次の聖書の箇所と呼応する。

わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪のために、贖いの供え物として、御子を遣わされました。ここに愛があるのです。愛する者たちよ、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合わねばなりません。(フランシスコ会訳『ヨハネの第一の手紙』4章10-11)



さて、最後に日本語公式訳をみてみよう。

前半はよくできた翻訳であるといえるが、その分、後半の訳の不十分さが残念である。どこが不十分かというと、「心からの奉献」の対象が明示されていないこと(ラテン語規範版では「彼に(illi)」と明示)、「適切な贖いの務め」(dignae quoque satisfactionis officium)という具体性のある言葉が、「キリストの愛にこたえる」とより抽象的な言葉に翻訳されていしまっていることである。日本語公式訳の翻訳者が「贖い」や「務め(義務)」といった言葉が嫌いだったとだろうか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2018/03/24

枝の主日の集会祈願

3/25は枝の主日にあたるので、その日の集会祈願について記事にしたいと思う。
なお、枝の主日の集会祈願は、通常形式も特別形式も全く同じものを使用する。この祈りは8世紀以来、枝の主日の集会祈願として使用されている。

palm_sunday_image


(ラテン語規範版)
Omnipotens sempiterne Deus, qui humano generi, ad imitandum humilitatis exemplum, Salvatorum nostrum carnem sumere, et crucem subire fecisti, concede propitius, ut et patientiae ipsius habere documenta et resurrectionis consortio mereamur.


(拙訳)
全能永遠の神よ、あなたは人類に、真似るべき謙遜の模範を示す目的で、私たちの救い主に肉を取らせ、十字架に従わせられました。あわれみ深くお聞き入れてください、彼(救い主)の忍耐の模範にならうことで、復活に与れるよう値しますように


「Omnipotens sempiterne Deus」にかかるqui節は複雑な構文になっているが、イエス・キリストの受肉とその受難、十字架上での死は、全能の神がわたしたちが倣うべき謙遜の模範を人類に示すためであったという聖書の一節を受けたものとなっている。少し長くなるが以下に引用する。

キリストは神の身でありながら、神としてのあり方に固執しようとはせず、かえって自分をむなしくして、僕の身となり、人間と同じようになられました。その姿はまさしく人間であり、死に至るまで、十字架の死に至るまで、へりくだって従う者となられました。(中略)ですから、わたしの愛する人たち、これまでいつもそうであったように、わたしがともにいる時だけでなく、ともにいない今はなおさらのこと、従う者であってください。畏れおののきながら、自分の救いを力を尽くして達成しなさい(フィリピの人々への手紙2章6-8, 12)

祈りの後半ut節で、倣うべき謙遜の模範を知ったわたしたちが神に願う内容が導かれている。ut節のなかに、「et~et・・・」構文がある。文法的には「~と・・・の両方」という意味になるが、この文脈では並列関係として翻訳するのではなく、拙訳で示したように、「patientiae ipsius habere documenta」の結果、「(habere) resurrectionis consortio」となるという風に翻訳するほうがよいのだそうだ。すでに二千年前にイエスキリストの忍耐(受難)の模範は示されたのだから、それが願う内容ではなく、忍耐の模範に従うこと、つまり犠牲的愛に倣うことで、わたしたちがイエスキリストの復活に与るに値するよう、あわれみ深く神が聞き入れてくださることを願うのである。

最後に日本語公式訳を見てみよう。

(日本語公式訳)
全能永遠の神よ、あなたは人類にへりくだりを教えるために、救い主が人となり十字架をになうようにお定めになりました。 わたしたちが主とともに苦しみを耐えることによって、復活の喜びをともにすることができますように。


日本語訳で気になった個所は後半。「主と共に苦しみを耐える」と翻訳された箇所は原文にある「documenta(模範、教訓)」を訳していないので原文と違う意味になっている。また「復活の喜びをともにする」と翻訳された箇所は原文から遊離した翻訳となっている。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ カトリックへ
にほんブログ村
2018/03/17

四旬節第五主日の集会祈願(通常形式)

3月18日(日)は四旬節第五主日にあたるので、この日の集会祈願ついて記事にしたい。
なお、同じ主日は特別形式においては「御受難の主日」と呼ばれ、その集会祈願は通常形式とは異なる。通常形式の祈りは、『モサラベ典礼書』にある古い祈りをもとに創作されたものだという。

(ラテン語規範版)
Quaesumus, Domine Deus noster, ut in illa caritate, qua Filius tuus diligens mundum morti se tradidit, inveniamur ipsi, te opitulante, alacriter ambulantes.


(拙訳)
願います、主よ、私たちの神よ、あなたの御子は世を愛し自らを死に委ねたという愛のうちに、わたしたちがあなたの助けによってすすんで歩むことができますように。

非常に簡潔な祈りであるが、内容は深い。まず祈りの前半にある「in illa caritate(あの愛のうちに)」について。上の訳でただ「愛」と訳したが、この文脈の中では「犠牲をいとわない愛」と意訳できるだろう。なぜなら、「caritate」を直接修飾するqua節の内容、それはキリストの死に関する信仰宣言であるが、からそう判断できるからである。そしてこうした犠牲的愛が、豊かな実をもたらすということが福音書に記されている。

よくよくあなた方に言っておく。もし一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それは一粒のままである。しかし、死ねば、豊かな実を結ぶ。自分の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の命を憎むものは、それを保って永遠の命に至る。(ヨハネによる福音書 12章24-25)

麦の絵


祈りの後半が神への祈願の主文となる。そこでは、贖われた私たちが「te opitulante(あなたの助けによって)」、犠牲的愛のうちに「alacrite ambulantes(すすんで歩む)」ことができることが願われている。犠牲的愛は苦しみを伴う。それに対して聖書は従順であることと同時に、神に祈りをささげることを勧めているが、この祈りにおいてもそのことは明確に示されている。

キリストは、この世におられたとき、自分を死から救うことのおできになる方に、大きな叫びと涙をもって、祈りと願いをささげました。(中略)彼は御子であるのに、数々の苦しみによって従順を学ばれました。そして完全なものとされたので、この方に従うすべての人々の永遠の救いの源となり(ました)。(ヘブライ人への手紙 5章7、9)

さて最後に日本語公式訳を見てみよう。

(日本語公式訳)
全能の、父である神よ、御子キリストは、人々を愛してみずからを死に渡されました。わたしたちも、この愛のうちに力強く歩ことができますように。

一見原文に忠実に翻訳しているように見えるが、「te opitulante」(あなたの助けによって)を翻訳していない。これは大きな問題だと思う。さきの『ヘブライ人への手紙』でみたように、イエス自身が犠牲的愛を前に叫びと涙をもって、神の助けを祈ったのである。にもかかわらず、私たちは神の力添えなしで苦しみを伴う愛のうちに「力強く歩む」ことができるとでも、翻訳者は考えたのであろうか?翻訳者の意図がどうであれ、「te opitulante」を省略してしまったために、今回も大変残念な翻訳となっている。
2018/03/10

四旬節第四主日の集会祈願(通常形式)

blog_import_4d14c14ede6cf.jpg(バラ色のカズラを着た名誉教皇ベネディクト16世)

3/10(日)は四旬節第四主日にあたるので、当日の集会祈願(通常形式)について記事にした。
なお、当日の集会祈願(通常形式)は集会祈願(特別形式)とは別物で、古い二つの祈りを編集して新たに作られた祈りであるという。

(ラテン語規範版)
Deus, qui per Verbum tuum humani generis reconciliationem mirabiliter operaris,
praesta, quaesmus, ut populus christianus prompta devotione et alacri fide ad ventura sollemnia valeat festinare.


(拙訳)
神よ、あなたはみ言葉によって人類の和解を驚くべき方法で実現されています。
切に願います。キリストの御民が準備した信心と熱心な信仰をもって来るべき祭日に向けて急いでいくことができますように。


祈りの前半、qui節の動詞「operaris」が現在形であることに注目したい。神と人類の和解(humani generis reconciliationem)は2千年前の過去の出来事(キリストの十字架上での死)でなく、今も父なる神がみ言葉である御子イエスを通じて驚嘆すべき方法で(mirabilite)実行されていると、この祈りは宣言している。これは具体的にいえばミサ聖祭における犠牲、聖体の秘蹟をさす。キリストの犠牲と聖体の秘蹟における犠牲はただ一つの犠牲であることはトリエント公会議において以下のように宣言されている。

ささげものは同一です。かつてご自分を十字架の上でささげたキリストが、今司祭の役務を通してささげられるからです。ただ一つ違うのは、ささげ方だけです。(トリエント公会議第22総会『ミサの奉献について』第2章より)

祈りの後半ut節以下の部分が祈願の内容となっているが、同時にそれは前半部分のqui節の内容に対する結果の関係になる。神が人類との和解を実現される結果、私たちは四旬節を通じて私たちが準備する信心(prompta devotione)と神からの賜である熱烈な信仰(alacri fide)を持った状態で来るべき祭日(ここでは復活祭の意味)に向けて急いでいくことができることを神に願うことができるのである。

四旬節第四主日は入祭唱冒頭の「Laetare(喜べ!)」をとって、喜びの主日と呼ばれている。喜びを表すバラ色の祭服を司祭は身に着け、オルガン伴奏も例外的に四旬節ではあるが許されている。復活祭が待ち遠しいという気持ちが、「festinare(急ぐ)」という動詞にも表れているように見え、祈り全体が希望にあふれたものになっている。

さて最後に、日本語公式訳を見てみよう。

(日本語公式訳)
聖なる父よ、あなたは御子の苦しみと死によって、 ゆるしの恵みをもたらしてくださいました。
キリストを信じる人々が、信仰と愛に満たされ、主の過越しを迎えることができますように。


前半の翻訳の問題点は、qui節の動詞「operaris」が現在形であることを無視して過去形で翻訳をしている点。翻訳者がミサ聖祭の犠牲=十字架上での犠牲という観念を知らなかったとは思えないので、敢えて過去形に翻訳している点に翻訳者の恣意(例、ミサは聖なる会食。ミサ聖祭は十字架上での犠牲と同じと言うのは古い考えで公会議の精神になじまない)を感じるのは私だけであろうか。
後半の翻訳の問題点は2点ある。一点目は「信仰と愛に満たされ」の箇所。ラテン語規範版では「prompta devotione et alacri fide」となっているが、devotio(信心)とcaritas(愛)は別物であるし、「満たされ」と訳すと受け身的な印象は原文にはないもの。二点目は「festinare」を「迎える」と翻訳した結果、原文にある躍動感を全く感じない翻訳となってしまっている点である。
2018/03/03

四旬節第三主日の集会祈願(通常形式)

3/3(日)は四旬節第三主日に当たるので、通常形式の集会祈願について書きたいと思う。
なお、この集会祈願は特別形式の四旬節第三主日の集会祈願とは別物ではあるが、古い歴史ある祈りで、『ゲラシウス・ミサ典礼書』に収録されている、四旬節第四週土曜日のミサの集会祈願であるという。

(ラテン語規範版)
Deus, omnium misericordiarum et totius bonitatis auctor,
qui peccatorum remedia in ieiuniis,
orationibus et eleemosynis demonstrasti,
hanc humilitatis nostrae confessionem propitius intuere,
ut, qui inclinamur conscientia nostra,
tua semper misericordia sublevemur.


(拙訳)
神よ、あらゆるあわれみとすべての善の創造主よ、
あなたは罪に対する霊薬を断食、
祈り、施しにおいてお示しになりました。
私たちは卑しいものであるという、この告白に寛大にも注意をお向けください。
良心によって落ち倒れたわたしたちが、
あなたのあわれみによって絶えずすくい上げられますように。



この祈りは、あわれみと善の創造主たる神(拙訳一行目)と、卑しいものにすぎない人間(拙訳四行目)という世界観が前提となった祈りである。「人よ、あなたは塵であり、塵に戻ることを思い出しなさい(Memento, homo, quia pulvis es, et in pulverem reverteris)」という言葉ではじめた四旬節にふさわしい祈りだと思う。

罪は人間の傲慢さによって生まれたが、それに対する薬は断食、祈り、施しであると神はイスラエルの歴史を通じて教えられ(拙訳二行目及び三行目)、それはキリスト教にも受け継がれた伝統である。特に四旬節ではこれら三つの業が勧められていることをこの祈りで思い出す人も多いだろう。

原文の「hanc humilitatis nostrae confessionem」(私たちは卑しいものであるという、この告白)は大切な個所。イエスは前述の断食、祈り、施しですら、謙遜さを欠けば、それらが傲慢な行為につながることを注意されている(マタイ6章1~8)。原文の「intuere」は動詞「intueor」の命令形で、「~に目を向けてください」というのが直訳だが、上記の拙訳ではこの箇所を意訳した。

原文後半のut節内では、動詞「inclinamur」と、動詞「sublevemur」という対義語が使用され、躍動感を出している。私たち自身はどれほど己惚れていても、結局どこかで頭を打ち、良心(conscientia)によって罪を自覚し、落ちぶれてしまう(inclinamur)存在である。私たちが卑しい存在に過ぎないということを知り、神に救いを求めるこの祈りの目的は、神のあわれみにより、絶えずすくい上げてもらう(sublevemur)ためである。

さて、最後に日本語公式訳を見てみよう。

(日本語公式訳)
信じる者の力である神よ、
あなたは、祈り、節制、愛のわざによって、
わたしたちが罪にうち勝つことをお望みになります。
弱さのために倒れて力を落とすわたしたちを、
いつもあわれみをもって助け起こしてください。


原文を知ってしまうと、この日本語訳の貧弱さがあらわになるとともに、その内容も捻じ曲げられていることに気づくだろう。

まず日本語訳1行目。原文では憐れみと善の創造主と宣言された神の呼びかけは、「信じる者の力である神」という貧弱な言葉に置き換えられている。

日本語訳二行目で、原文の「ieiuniis」(断食)を「節制」と翻訳している点もいただけない。教会ラテン語で「節制」ならば、普通「abstinentia」を使用するからだ。四旬節の規定が緩和され、灰の水曜日と聖金曜日にしか断食を行わなくなったから、「節制」などという言葉を使ったのだろうと推察するが、神の示された「断食」の効用を勝手に「節制」の効用にすり替えていい話ではない。

原文4行目は文法的にも骨になる主文なのだが、日本語公式訳では全く翻訳されていない。その代り、原文のut節にある祈りの目的が、日本語訳では祈りの主文にさし変わっている。

日本語訳5行目の「弱さのために」も、原文と意味が差し変わっている箇所。原文では「nosta conscientia」(良心によって)である。意思が弱いからつまずくなら、意思が強ければつまずかないとでもいいたいのだろうか?