2007/09/01

聖母マリアの消印

スペインの趣友から聖母マリアの消印を押したカバーが届きました。
8月はバカンスの時期だから、外国からの郵便も夏枯れ状態だったので、
早速UPします

(下の画像をクリックすると拡大します)


封筒に押されている2つの消印の中央の絵は、スペイン、カタルーニャ地方の山間の町Altura-Segorbeにある、「聖なる洞窟の聖母(Virgen de la cueva santa)」
「聖なる洞窟の聖母」なんて全く知らなかったので、ネットでいろいろ検索した結果、
以下のことが判明。

・1507年に聖母の顔を写したような雪花石膏が洞窟の中で見つかった。
・20cm程度の雪花石膏は奇跡として人々の崇敬の対象となり、見つかった洞窟は巡礼地として整備されていった。
・現在、この聖母の像は真ん中にガラスケースのついた大きな青銅彫刻の台の中に安置され、Altura-Segorebeの聖なる洞窟はスペインのルルドとして今でも巡礼者を集めている。

また一つ知恵が増えました
珍しい消印のついたカバーを送ってくれたスペインの趣友に感謝です♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。