2010/12/29

聖トマス・ベケットの祝日 Fête de St.Thomas Becket

12月29日はカトリック教会の暦では、聖トマス・ベケットの祝日にあたる。
中世では全ヨーロッパに名の知れていた聖人だが、今日ではかなりマイナーになり、私の知りうる限り、この聖人が切手にとりあげられることはなかったのだが、2010年に遂に切手の題材として取り上げられた。

Aujourd'hui(le 29 décembre), c'est la fête de St.Thomas Becket sur le calendrier de l'église catholique.
Ce saint a été très au Moyen Age en toute l'Europe,mais de nos jours on le connaît peu et ,sauf erreur de ma part, ne le prend jamais au sujet des timbres postaux.
Enfin, en 2010, St.Thomas appartient sur un timbre.


img025.jpg

この切手は英領トリスタン・ダ・クーニャが発行したイギリスの歴史シリーズの記念切手(8種)の一つで、1170年に聖トマスがイングランド王ヘンリー2世の家臣4人に暗殺されたシーンが切手の題材となっている。

Ce timbre est celui d'une série des 8 timbres émis de Tristan da Cunha(l'archipél britannique de l'Océan atlantique). On représent dans le timbre une scène de l'assassinat de St.Thomas,commis en 1170 par les 4 chevalier du roi Henri II d'Angleterre.

トマス・ベケットの暗殺は国家に対する教会の独立を主張したことで国王から煙たがれれたためであった。
現代においても、中国では国家権力によって信仰の自由が侵され、教会の自立を主張する者が迫害を受けている。
トマス・ベケット切手をとりあげることで、迫害にあう中国の教会との連帯を示したい。

St.Thomas a engagé un conflit avec le roi Henri II sur l'indépendance de l'Église de l'Etat et a été assassiné.
Aujour'dui, le gouvernement chinois envahit la libérté de la foi et des fidèles pour l'indépendance de l'Eglise subissent la persécution.
Je voudrais monter une forte solidarité avec l'Eglise chinoise en difficulté en prenant le timbre de St.Thomas.


スポンサーサイト
2010/12/25

ご降誕おめでとうございます Joyeux Noël !

img019.jpg
(聖母子 アルブレヒト・デュラー 16世紀)
(Vierge à l'Enfant par A.Durer, XVIsec.)


クリスマスおめでとうございます!
主のご降誕をカトリック北町教会で祝うことができました。

天本神父、救世主についての説教分かりやすかったです。黒のスータンも似合っていましたよ。
ミサの準備をされた方、本当にお疲れさまでした。
ミサ後のパーティでココアとガレットを用意して下さった方、ホッと一息つけました。

A tous les lecteurs, je vous souhaite un joyeux Noël !
Cette nuit, je vient d'écouter la messe de Noël à l'église catholique de Kitamachi, Tokyo.

Merci Père Amamoto pour votre sermon sur le Sauveur. Et votre soutane noir va bien avec vous!
Merci ceux qui aident à la préparation de la messe.
Enfin, merci beaucop ceux qui préparent des chocolats et galettes après la messe!!
2010/12/23

今年一番の宗教切手 Le plus beau timbre religieux en 2010

2010年もあと8日。
2010年に発行された宗教に関する切手の中で、一番美しいと思った切手をアップ。

Huit jours reste jusuqu'â l'année de 2011.
Je vous presente le plus beau timbre poste dans le thême de la religion en 2010.



img015.jpg



これはアンドラの小型シートで、同国にあるロマネスク芸術を記念して発行されたもの。
小型シートの切手には聖ヨハネ教会と聖ロマ教会が描かれ、小型シートの耳紙部分には、聖ミカエル教会に残る
12世紀のフレスコ画が美しい凹版印刷で再現されている。

Ce bloc-feuillet ci-dessus a été émis par la poste d'Andorre en commemorant l'art romain dans ce pays.
Les deux timbre dans ce bloc représentent deux églises, Sant Joan de Caselles et Sant Roma de Les Bons.
Au fond, il reproduit une part du peintre mural de l'église Sant Miquel d'Engolasters daté du XII siècle.


アンドラはフランスとスペインの国境にあるピレネー山脈に位置するミニ国家。
スペインのサンチャゴ・コンポステラへの巡礼路に位置したこともあり、小さい国土に12世紀起源のロマネスク
様式の教会が点在している。

L’Andorre est un petit pays , située dans les Pyrénées entre l’Espagne et la France.
Elle est préférée par des touristes pour des églises de style roman datées du XII siècle.

2010/12/20

あと5日でクリスマス Cinq jours jusqu'au Noel


クリスマスまであと5日。
今日、カトリック教会のミサで読まれる福音書はルカ福音書による「受胎告知」の箇所。
そんなわけで「受胎告知」を描いたマテリアルをアップ。



これは「聖ガブリエル協会第13回世界大会」を記念したスロバキアの官製ハガキシリーズの中の一枚。
ハガキの左部分に、ニトラ市にある聖エメラムス大聖堂の「受胎告知」を描く彫刻部分が描かれている。
白の漆喰に金地を施した、豪華絢爛なバロック様式の迫力がよく描けていると思う。


ちなみに「聖ガブリエル協会」は宗教に関する切手コレクターの団体で、欧州を中心に多くの支部を持つ。
この郵趣団体は4年に1度、大会を開いており、直近では2008年7月にスロバキアのニトラで開かれたところ。
宗教切手の仲間を募って、日本支部を開けたらなぁ。

Cinq jour jusq'au Noel.
Aujourd'hui, on lit dans la messe une partie de l'Evangile selon St.Luc concernant l'Annonciation.
Pour célèbrer ce jour, je voudrais partager une carte sur ce sujet.

La carte ci-dessus est une de la série de la Slovaqie,commemorant "XIIIème congrès mondial de la Fédération St.Gabriel".
Au gauche de cette carte postale, on represente un détail de la sculpture reproduisant l'Annunciation de la cathédrale Saint-Emmeran de Nitra.
La baroque est ma favori donc cela me plaît beaucoup.

A noter que la Fédération de St.Gabriel est une organisation de la philatélie consarée au sujet religieux.
Le congrès mondial se tient chaque quatre ans et le dernier a eu lieu en juillet 2008 à Nitra en Slovaquie.


2010/12/16

ロシアのサンタクロース Russian Santa Claus

 久しぶりに届いたロシアからカバーをアップ。




 手紙に貼られた切手は、2010年発行の「ユネスコ世界遺産」シリーズからの一枚で、ヨーロッパ・ロシアの北西部にあるフェラポントフ修道院と、同修道院の礼拝堂にあるフレスコ画が描かれている。(フェラポントフ修道院については、このこのサイトが簡潔にまとめている)。

 この切手の面白い点は、まずそのユニークな形。礼拝堂のドームに描かれているフレスコ画が、半円形の形をした切手の上に再現されていて、実に雰囲気が出ている。

 フレスコ画に描かれた人物は、その持ち物から判断するに、聖ニコラウス、つまりサンタ・クロースのモデルとなった聖人。まさに12月という季節にぴったりの人物なのも、いい。

 この美しいカバーを送ってくれたウラジーミルさん、ありがとう!!

 Today,I would like to post an interesting cover from Russia.

The stamp on the envelope above is one commemorating "UNESCO World Cultural Heritage in Russia", depicting
Ferapontov monastery which is located in the north-west European-Russia and a detail of the Fresco painting
in this monastery.

I find this stamp very interesting. I think its unique half-round shape is well worked for representing
a fresco painting on the dome.

I wold also like to mention a person on this stamp. Judging from his belongings(i.e. stole over his neck),
he might be St.Nicholas, a model for the Santa Claus!

Thnak you Vladimir for this beautiful cover!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。