2012/04/15

特別形式によるミサの案内(2012年4月)

若葉修道院長フランチェスコ赤波江謙一神父の寛大なる許可により

ウナ・ヴォーチェ・ジャパン主催

ローマ典礼の特別形式による歌ミサのお知らせ

白衣の主日(御復活の祝日八日間の主日)

Easter-top.jpg

灌水式

司式アウグスチヌス池田敏雄神父(聖パウロ会)

4月15日(日) 午後3時より

プログラム
2時 開場
2時半より ロザリオの祈り
3時より ローマ典礼の特別形式による歌ミサ
ミサ後、ウナ・ヴォーチェ会員との懇親会があります。どなたでも歓迎します。

場所:若葉修道院(東京都新宿区若葉1-5) 地図はコチラ
最寄駅:地下鉄四ツ谷駅

By kind permission of Rev Fr Francis Kenichi Akabae,
Prior of Wakaba SSP house:

Missa Cantata
in the Extraordinary Form of the Roman rite for


Low Sunday

池田神父_説教
by Fr.Augustine Toshio Ikeda,S.S.P.

Organised by the Una Voce Japan(UVJ)

Sunday 15th April,3pm

Programme:
2pm:Open
2.30pm: Rosary
3pm: Sung Mass in the Extraordinary Form of the Roman rite
Refreshments with UVJ members will follow in nearby restaurant. All people welcome.

Location: Wakaba SSP house, 1-5 Wakaba, Shinjuku-ku, Tokyo. Find location here.
Nearest underground: Yotsuya
スポンサーサイト
2012/04/03

植田神父の黙想会

ウナ・ヴォーチェ・ジャパンでは4月14日に黙想会を行う。
黙想会の指導司祭は、ラファエル植田勝行神父。
王たるキリスト宣教会の司祭として、米国シカゴで活躍中の植田神父が日本に一時帰国されるため、この黙想会が実現する運びになった。

今回のテーマは典礼を中心とするキリスト者の生活

典礼、特にその中でミサ聖祭は「キリスト教生活全体の泉であり頂点」であるとカトリック教会は定義していることは当然であるにしても、それを現代社会の中で実践することの難しさは、心あるキリスト信者なら何度も体験しているのではないだろうか?

ただ毎日曜のミサに与るというレベルではなく、ミサ聖祭が生活の中心にすえるためには、何が必要なのか?またそもそも立ち返って、ミサ聖祭の恵みとは何なのか?その辺りを植田神父がどう指導してくださるのかが大変楽しみだ。

また、植田神父の属する王たるキリスト宣教会は典礼刷新以前の伝統的な典礼に従って生活をすることが義務付けられているという特徴がある。現代において、伝統的な典礼に生きることの意義とは何なのか。この辺りも私の強い関心事の一つである。

先日下見した黙想会の会場は静かな落ち着いた場所でとても都会の真ん中とは思えない良い環境に感激した。また会場を借りるに当たっては、本当に奇蹟のような体験もした。快く会場を貸して下さった関係者の方に心より感謝する次第である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。