2012/08/19

特別形式のミサの案内(2012年8月)

 毎月恒例となったウナ・ヴォーチェ・ジャパンの特別形式ミサ(トリエントミサ)
先月は参列できなかったが、今月は盆休みなので参列できそうだ。
ミサを求めて集まる仲間との出会いも待ち遠しい。

 8月19日(日)は聖霊降臨後第12主日にあたり、当日の福音書のテーマから、この日は「善きサマリア人の主日」とも呼ばれている。(下の画像は、当日のミサ典礼書の挿絵)

120819 善きサマリア人

 ミサを司式して下さる、池田敏雄神父に感謝。
 礼拝堂を快く貸して下さるパウロ会の皆様に感謝。
 ミサの手助けをして下さるウナ・ヴォーチェ・ジャパンの会員、ボランティアの方に感謝。
 8月のミサが私と仲間との救いの糧になりますように!

以下はウナ・ヴォーチェ・ジャパンのサイトからの転載

2012年8月19日トリエントミサ(聖霊降臨後第12主日)

司式: アウグスチヌス池田敏雄神父(聖パウロ修道会)

日時: 8月19日(日) 午後3時より (2時開場。2時半よりラテン語でのロザリオの祈り)

場所: 聖パウロ修道会若葉修道院(東京都新宿区若葉1-5)  

最寄駅:JR・地下鉄四ツ谷駅、地下鉄四谷三丁目

グレゴリオ聖歌; Ave Maria, Kyriale XI, Credo I, Salve Regina
スポンサーサイト
2012/08/12

9月15日黙想会

9月15日(土)にウナ・ヴォーチェ・ジャパンは黙想会を開く。
今回はメリノール宣教会本部の方のご好意で、聖堂を2時間お借りすることができる運びになった。
メリノール宣教会本部の聖堂はこのようなところである。

メリノール礼拝堂

いわゆる伝統的なスタイルの礼拝堂ではないが、シンプルで好感のもてる礼拝堂である。
少し和風のテイストが入った意匠なのが、パウロ会の若葉修道院の礼拝堂を思い出させる。

来週には黙想会のテーマが決まると思うので、また周知していきたい。
2012/08/05

東京教区ニュース295号に無事掲載

 東京教区ニュース(295号)を今日入手。巻末の8ページにウナ・ヴォーチェ・ジャパンの告知を確認。
快く告知記事を載せて下さった編集文の方に感謝!

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。