--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/12

福者ヨハネ・パウロ2世のコレクタ(集会祈願)

 今年の5月1日にローマで前教皇ヨハネ・パウロ2世の「列福式」が行われ、「聖人」に次いで、公の崇敬を受ける「福者」の仲間入りを果たす。

 アメリカの著名なJohn Zuhlsdorf神父のブログによると、カトリック教会の典礼暦に祝日として加えられる地域はローマとポーランドに限られるそうだが、福者ヨハネパウロ2世の記念日(10月22日)ミサコレクタ(集会祈願)も紹介されていたので、翻訳を試みてみた(原文はラテン語で、下の日本語訳は英語訳からの重訳)。

(ラテン語)
Deus, dives in misericordia,
qui beatum Ioannem Paulum, papam,
universae Ecclesiae tuae praeesse voluisti,
praesta, quaesumus, ut, eius institutis edocti,
corda nostra salutiferae gratiae Christi,
unius redemptoris hominis, fidenter aperiamus.


(英語訳)
O God, who are rich in mercy
and who willed that the Blessed John Paul II
should preside as Pope over your universal Church,
grant, we pray, that instructed by his teaching,
we may open our hearts to the saving grace of Christ,
the sole Redeemer of mankind.
Who lives and reigns.

(日本語試訳)
憐れみに富む神よ、
あなたは福者ヨハネ・パウロ2世が教皇として
普遍的な教会を治めることを望まれました。
私たちが教皇の教えによって、
人類の唯一の贖い主であり、
生きて治めておられる、
キリストの救いの恵みに、
心をひらくことができるようにしてください。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。