--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/12

指針『Universæ Ecclesiæ』は明日公開!

遂に自発教令「スンモールム・ポンティフィクム」の適用を示す指針『Universæ Ecclesiæ』が5月13日(金)の12時以降(ローマ時間)でオープンになるそうだ。

「スンモールム」で約束された自由を制限する内容という噂が流れたりしたが、どのような内容になっているのだろうか?

日本でも復活した特別形式のミサの追い風になってくれることを強く期待!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

規定の明確化

スンモルム・ポンティフィクムでは曖昧だった規定が、明確になることはとりあえず嬉しいです。
恐らく教区の司教・司祭もある程度安心することが出来るのではないでしょうか?
ハッキリとした規定ができることで、あちらも拒否できるかどうか、ハッキリしますからね。

さて、どんなものになるやら。
管理人さんの翻訳作業に期待してます♪

本当のターニング・ポイントかも

>「スンモールム」で約束された自由を制限する内容という噂

結構、ネット上では見られますね。
「多くの枢機卿・司教が困惑している」とか…

どちらに転んでも。。。もうすぐですね。

ファチマの聖母の日に合わせての公開とは粋な計らい。
パパ様の「改革の改革」路線が明確になります。
今後、2011年5月13日は全世界のカトリック信者にとって歴史的に重要な日になるかもしれませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。