2011/06/29

Pro Summo Ponticice

今日(6/29)はローマ教皇ベネディクト16世の司祭叙階60年の記念日である。司祭のダイヤモンド祝自体素晴らしいことであるが、とりわけ教皇様がして下さった伝統的かつ正統的なカトリックの伝統を愛する人々のための配慮と英断を思い起こすと、感謝を奉げずにはいられない気持ちになる。

 折しも今日はカトリック教会の典礼暦では「使徒聖ペテロと聖パウロ」の祭日にあたるが、北町カトリック教会の朝のミサでは盛式に香を使ったミサが行われた。たかが香炉の一つだが、大祝日に対するそうした小さな儀式的かつ典礼的な司祭の配慮によって、今日のミサに荘厳さと緊張感が生まれ、ミサで大いに祈れるものだと感じるのは私だけだろうか?

 教皇様、ダイヤモンド祝おめでとうございます。イエズスの教会を委ねられた使徒たちの殉教を讃えるこの特別な日、その後継者であるあなたを永遠の大司祭であるイエズスと使徒が守ってくださりますように!

教皇様のための祈り

(ラテン語)
Oremus pro Pontifice nostro Benedicto,
Dominus conservet eum, et vivificet eum,
et beatum faciat eum in terra,
et non tradat eum in animam inimicorum eius.

(日本語訳 試訳)
私たちの教皇ベネディクトのために祈りましょう。
主が教皇を守り、力づけ、地において幸いなるものとし、
教皇を敵の企みに引き渡すことがないように。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント