2011/07/23

侍者服と祭壇布の色について

 カトリック系のニュース通信社Zenit(ゼニット)英語版の名物コーナー、「典礼質問箱」からの翻訳をUPする。今回は2010年2月9日の記事から(原文はコチラ。)

質問1
 侍者と大人の奉仕者が司祭や助祭の祭服とあった色のスータンを着ることは今は適当なのでしょうか?私は今日行った教会で、大人の奉仕者(朗読者)が白のアルバではなく、緑のスータン(司祭と助祭の祭服に合わせるため)に、白色の短衣を着て、上から緑色のケープを羽織っているのを見つけました(この小教区は色を合わせるためにあれこれ買ったのかと思うと、ゾッとしました)。まるで聖公会のようです。現在、こういったものは「流行」しているのでしょうか?奉仕者が白のアルバとチングルム以外の服を着ることが認められているのはどこでしょうか?(米国オクラホマ州、バートルズビル市、K.S.さん)

質問2
 祭壇布はいつも白色ですが、ミサ聖祭や他の典礼のために祭壇に別の色の布を用いることは許されているのでしょうか?(インド コヒマ市、R.G.さん)

回答
 これらの質問は装飾に関するものなので、これら2つを一緒に回答します。

 ローマミサ典礼書総則119項cと339項は現在の規定を簡潔に要約しています。119項では以下のように書かれています。

「香部屋において、司祭、助祭及び他の奉仕者の祭服(参考、337項から341項)は様々な儀式の形式に応じて準備されなければならない。(中略)c.他の奉仕者についてはアルバ又は正式に法で認められた祭服を用意する。アルバの形態により必要でない場合を除き、アルバを着るものは全てチングルムとアミクトゥスを使用すべきである。」

 これらの規定はアメリカ合衆国司教協議会による1994年6月の指針の最新版により、最近、少し緩められました。

「この指針は司教区で作成中の指針の土台として用いても構わない。6番『侍者、祭壇奉仕者、朗読者、その他の信徒奉仕者はアルバ又は他の適当な祭服又は品格のある服装を着用して構わない(ローマミサ典礼書339項参照)。全奉仕者は同じ祭服を着用すべきである。』」

 アルバとチングルムはどこでも使用して構わないとなっていますが、普遍的規定及び各国ごとの規定は共に、意図的に現地の習慣に門戸を開いたままにしています。これらは地域によって様々であり、各司教は自身の司教区向けに規則を定めても構いません。

 大部分の地域では、大人の奉仕者は、アルバ又は一般には白又はオフホワイトの同じような服を使用しています。スータンと白い短衣を使用する地域もあります。子供の奉仕者ではもっと様々です。例えば、イタリアでは大部分の子供の侍者は白または赤のスータンに白い短衣をを使用しますが、「タルチシアン」を使用する地域もあります。これは一種のアルバで、色はオフホワイトで肩から足元にかけて赤い二本の縦じまが走り、古代ローマのチュニックを思い起こさせるものです。

 ポーランドやバルト海諸国の一部では、大人も子供も普段着の上に白い短衣だけをまとってミサ仕えをしているのを見ることがあります。

 私は緑色のスータンを見たことは決してありませんし、奉仕者の祭服を典礼の季節に合わせようとする努力も見たことがありません。これはある地域で確立された慣習なのか、新しい試みかのどちらかです。これが新しい典礼の流行であるかは大変疑わしいと思います。主任司祭に疑問をぶつける前に規則について司教区の典礼に関する部署に相談することが必要でしょう。

 2番目の質問に関して、ローマミサ典礼書総則304項の米語訳にある以下の規定は、アメリカ合衆国での適用に特に向けられているものですが、多くの他の地域でも等しく適用できると思います。季節ごとに色を変えるアンテペンディウム(又はフロンターレ)はラテン典礼において昔から続く慣習であり、典礼の季節感を示すことを助けるために使用することが許可されています。

 主の記念を執り行うことへの敬意から、またこの記念が行われる祭壇の上で主の御体と御血が奉献される宴席への敬意から、白い布が少なくとも一枚あるべきであり、その形状、大きさ、装飾は祭壇のデザインとあったものにする。アメリカ合衆国の司教区においては、祭壇布に加えて、他の布が使用される場合、のある白い布が少なくとも一枚あるべきである。食卓を覆う一番上の布(つまり、祭壇布自身)が常に白色であるならば、他の布の色はキリスト教的尊敬又は祝祭の意義を持つ色を用いても構わない。

以上

(感想)
 侍者服については小教区ごとの特色が出て、その共同体の典礼に対する考え方や美意識が分かるので見ていて面白い。修道服を似せた侍者服を着る共同体もあれば、典礼色に合わせたリボンをチングルム代わりに着用する共同体もある。侍者の服装が見苦しい共同体は、やはり典礼もお粗末に感じるのは私だけだろうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

色々ですね。。。

侍者の服装ですが、うちの教会では…
〈夏〉
私服の上に、フードのようなデザインで白く長い服(あれは何と言うのかなぁ)に典礼色の帯を腰に巻いています。
〈秋~冬~春〉
小学生までは夏と同じで、中学生以上は黒のスータンの上に白い短衣です。

余所の教会をみていると、小教区単位でも違いがあるようですね。
大阪教区ミサでは全員私服でさせられて息子は怒っていました。

実はうちの教会には小さな赤スータンもありますので、祝祭日に使用してはどうかと提案したのですが「いい顔」はされず最終的には「数が足りない」という理由で却下。
必要ならば揃えればいいだけと思うのですけど、そのような発想はないですね。

「真・美・善」というカトリックの基本を大阪教区内で求めるだけ無駄なのでしょう…。

コメントありがとうございます

>Rick さん


Rickさんの教会は、私からすると、伝統的な侍者服が残っているような印象を受けました。女性侍者ができるようになってから、黒色のスータンを着る教会が減ってきたような感じがします。

>「真・美・善」というカトリックの基本を大阪教区内で求めるだけ無駄なの
>でしょう…。

大阪だけでなく、日本のどこでも伝統を軽視する人々が多数派でしょう。そんな中で声をあげて、伝統を守ろうとするRickさんを私は尊敬しています。

結果がどうあれ、自分の思っていることを堂々と言っていきましょう。そんな大人の姿を見た子供たちの時代に、変化が目に見えて現れることを期待して。