2011/09/11

産後感謝式(Churching)について

 カトリック系のニュース通信社Zenit(ゼニット)英語版の名物コーナー、「典礼質問箱」からの翻訳をUPする。今回は伝統的な祝福の儀式に関する質問で、2011年7月26日の記事から(原文はコチラ)。
**********
(質問)
 私の妻は、神の御旨により、まもなく最初の子供を産みます。かつては一般的であった「産後感謝式(churching)」として知られる儀式のことを考えています。これが廃れてしまった理由はこの儀式が妊娠と出産を「不浄」と見なす考えを表し、それ故に女性の尊厳を損ねているという捉え方のためなのだろうと思っています。儀式的な清めに関する現代の誤解全般に立ち入らずに、この敬虔な慣習を司牧的にずっとためになるものへと奨励することができたように思います。驚異的なこと、すなわち一人の新しいキリスト教徒を世に送り出したことですが、それを成し遂げた女性が、感謝を奉げ祝福を受けるために神の祭壇に近づく。これのどこが悪いのでしょうか?(宗教的実践から遠ざかっている人々にとって、これは教会と関係をもつ機会としても赤ん坊の洗礼後の教育の機会としても役に立つでしょう)私の見る限り、儀式の中で、それを行いたい主任司祭を禁じるものは何もありません。おそらく何かコメントをいただけるのでしょう?(アイルランド、ダブリン市、P.C.さん)

(回答)
 最初に私からのお祝い申し上げ、新しい生命の贈物のためにお祈りします。20世紀初頭のカトリック百科事典によると、産後感謝式とは以下のようなものです。

 (産後感謝式とは)出産から回復した母親に教会が与える祝福である。この祝福の対象者は、合法な婚姻関係において出産したカトリック信者の女性で、カトリック教会の外で子供が洗礼を施されることを許可しなかった場合である。教義ではないが、母親が家を離れることができるようになるとすぐ自分自身で教会に赴き、幸いなる贈物を神に感謝し、司祭の祝福によって子供をキリスト教的に育てるのに必要な恵みをえることは敬虔で称賛に値する慣習であり(ローマ儀式書)、初代教会の時代にまで遡るものである。式文によればこの祝福は母親の善益のためにのみ向けられているので、子供を連れてくる必要は必ずしもないが、多くの地域で、子供を神に特別にささげる敬虔で確立した習慣が広まっている。というのは、ちょうどキリストの母が御子を神殿で永遠なる御父に奉げるために連れて行ったように、キリスト教徒の母親は自らの子供を神に奉げ、子供のために母親に与えられる祝福を得ることを切に願っているからである。この祝福は、通常の形では、変更又は削除せずに、母親に与えることになっている。それはたとえ子供が死産の場合、または洗礼を受けずに子供が亡くなった場合でもある。

 産後感謝式は厳密には主任司祭の役割ではないが、礼部聖省は1893年11月21日付けで主任司祭がそれを求められた場合、そうしなければならず、別の司祭がこの儀式の執行を依頼された場合、教会や私設でない礼拝堂の上長に知らせれば、司祭はそこで儀式を行っても構わないということを決定した。この祝福は教会又はミサが行われる場所で与えなければならない。というのはど産後祝別式(Churching)という言葉自身が教会への感謝の巡礼を示すものであり、典礼規定が「教会に行きたいという気持ち」、「司祭は母親を教会に導く」、「母親は祭壇の前で跪く」という表現の中で示しているからである。それ故に、第二バルチモア総会はミサが行われていない場所での産後祝別式を禁じている(246項)。

 母親は玄関ホール又は教会の中で跪つき、火のついたロウソクを持ったまま、司祭を待ち受ける。司祭は白色の短衣と白色のストラを着用し、灌水器を使って聖水を十字に振りかける。詩篇23の「地とそこに満ちるもの、世界とそこに住む者は主のもの」を唱えたのち、司祭は母親にストラの左の端を与え、母親を教会の中に導きながら、「神の神殿に汝は入り、汝に子の実りを賜れた幸いなる童貞マリアの御子を崇拝せよ」と言う。母親は祭壇の一つの前に進みいで、その前で跪く。その間に司祭は母親の方を向き、祝福の目的を表現する祈りを唱え、再び聖水を十字に振りかけ、「全能の神、父と子と聖霊からの平和と祝福が汝の上に降り、永遠にとどまらんことを。アーメン」と言って儀式を終える。


 儀式自身には儀式的な清めの要素は全くないのですが、ユダヤの習慣、特に聖母マリアの御清めと関連付ける地域もあります。これは義務的なものではなく、儀式が行われる時と場所によってこの慣習は地域ごとに様々です。

 この慣習がほとんど廃れた理由はいろいろあります。出産と穢れの長々とした関係よりむしろ、廃れたのは出産に伴う危険が現代社会では格段に減じたとうことのためであるだろうと思います。

 かつては出産後数時間以内、又は数日以内に新生児に洗礼が施されることも一般的でした。ですから母親たちはその洗礼にしばしば立ち会えなかったのです。この状況は今日かなり珍しいものとなっています。

 こうした新しい状況のため、改訂された幼児洗礼の儀式書では出産後の母親の祝福(望むなら産後感謝式)は洗礼式の終わりの儀に統合されています。父親の祝福も含まれているのは、子供をキリスト教徒として育てる責任から何人も除外されていないからです。

 祝福に関する儀式書にはまた「出産後の母親の祝福の儀式」があります。この祝福は洗礼式に参加できなかった母親にのみ授けられます。この儀式の導入では「洗礼式の中で母親と全出席者に新生児の恵みを神に感謝することを促した祝福から母親が善益を汲み取る機会を与えるために、特別な儀式をもつことは適っている」とあります。

 この祝福は必ずしも教会の中で行われておらず、司祭、助祭又は認可された信徒の奉仕者によって与えられても構いません。

以上
*********
(感想)
 今回「産後感謝式」と翻訳した「Churching」という祝福式を初めて知ったが、実によい習慣だと思う。今は子供の洗礼式の中で両親の祝福を行うようになっているが、分離して別に産後感謝式を行った方が、母親本人にとっていい機会になると思う。次に子供が生まれた場合は是非司祭に産後感謝式を頼んでみよう。ラテン語でやってくれるかな?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント