--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/17

10月16日の特別形式ミサの感想

 ブログで告示していたウナ・ヴォーチェ・ジャパン主催の特別形式のミサ。スタッフの一人として関わったが、期待以上に充実したミサであった。

 嬉しかったことが3点あった。

 一点目は多くの人との出会いを持てたこと。ミサ後の懇親会で会った人の中には、遠く宮崎や神戸、仙台、静岡からこの特別形式のミサに与るためだけに足を運んでくださった人がいた。また黒い修道服を着た若い修道士もこのミサに与っているのが見えた。教会の宝である特別形式のミサをより多くの人に知っていただけるよう、周知を行っていきたいと思う。

 二点目は聖歌の出来具合。予想しなかった方々が駆けつけてくれたおかげで、礼拝堂の中は勿論、修道院の入り口まで響く声量で歌いあげられたグレゴリオ聖歌にただただ圧倒された。聖歌隊の方はこの日のために短期間でインテンシブに練習されたと聞く。本当にお疲れさまでした。

 最後に池田敏雄神父からウナ・ヴォーチェ・ジャパンをほめていただいたこと。説教の中で私たちの団体を「典礼や聖歌の研究に熱心な団体」で、私たちの主催するミサを「今後も毎月行う」と言っていただけた。期待に添えるよう、典礼奉仕にまい進するのみである。

 下の写真はミサ前の祭壇の様子。段取りで忙しく、撮れた写真はこれ1枚だけだった。

 ミサ前の祭壇の様子






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。