--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/18

6月17日の特別形式ミサの感想

 ウナ・ヴォーチェ・ジャパン主催の特別形式のミサに今月も参列できた。仕事の関係で、今月は無理かなと思っていたが、何とかオッフェルトリウムが終わったあたりに駆け付けることができた。静かな中でイエス様の私たちに向けられた愛を感じながら祈ることができた。今月もミサに与れたことに感謝!


039.jpg
イエスのみ心のミサなので、祭服の色は白。美しい!


 今月も30名を超す人々が参列していた。懐かしい顔、新しい顔が。どの出会いも自分にとってはすばらしいのだが、特に嬉しかったのは、京都での植田神父のミサに親子で来てくれた奈良の信者さんが参列していたことだ。特別形式のミサが縁での出会いも自分にとっては、このミサの魅力の一つだと思う。小教区を超えたつながり、一つの大きなカトリック教会を体験できるからだろう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとうございました!!

今回、また特別形式のミサに与かることでき、大変感謝です。
今回はより御ミサに集中できたせいか、あらためてエウカリスチアの意味を深く感じることができたと思います。
特別形式ミサのすばらしさは、やはり御聖体を強く意識できるということのような・・・
神様のお恵みを感じました。

そしてまた、思いを同じくする方々と共に与る一体感、幸せを実感。
ミサ後の意見交換も有意義でした・・・

池田神父様に深く感謝するとともに、京男さんをはじめ主催いただいたウナ・ヴォーチェの皆様に重ねて御礼申し上げます。

これからもまた与らさせていただくと思います。
今後ともよろしくお願いします!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。