2013/10/18

10月の特別形式のミサ

 今週末にウナ・ヴォーチェ・ジャパンの特別形式のミサが四ツ谷である。伝統的な典礼暦では「聖霊降臨後第22主日」にあたる。日曜日は生憎の天気のようだが、悪天候をおしてでも参列する価値が私にはあると思う。

 聖霊降臨後第22主日のミサの福音書はこう言っている。「Quae sunt Dei Deo」(神のものは神に)と。私たちは愚痴が多くなりがちだが、いいことだけを数えてみるとそれなりにあるのではないか。たえず与えられる神の恵みに対して、私たちが神にできうる返事が祈りを通じた賛美と感謝であるなら、私たちができうる最大の返礼がミサであろう。神の恵みが与えられたら、それをミサを通じて感謝する。もっと多くの人に特別形式のミサに参列して、共に神に賛美と感謝をささげたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント