--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/01/11

特別形式のミサを普及するために必要なこと

 モンシニョール・チャールズ・ポープ(米国ワシントン(DC)大司教区司祭)が『ナショナル・カトリック・レジスター』誌に投稿した記事「伝統ミサの将来に関する緊急警報」(リンク先は英語)が議論を呼んでいる。

 記事の内容は次のとおりである。ワシントン大司教区では伝統ミサ(特別形式のミサ)に参列する人々は5か所で合計千人程度(同大司教区のミサ参列者の0.5%)でピークに達している。伝統ミサが小教区に戻れば、小教区のミサは参列者で一杯になるだろうという期待があったが、それは全く現実的でない。参列者の数が少なければ、伝統ミサの普及は司教の優先順位に載らなくなる、伝統ミサを行うための活動、施設といったものを維持することができなくなる。参列者の数を増やすためには、ただ伝統ミサを捧げるだけでなく、伝統ミサを愛する人々が魅力的で、積極的で、福音宣教に熱心に努める必要があると。

 私はこの記事を読んで共感することが多かった。ウナ・ヴォーチェ・ジャパンが東京で活動を始めて、5年目に入り、若葉の修道院での毎週のミサは席が足りないほどの人気だ。だが、それでも参列者は60人にも満たず、特別形式のミサだけ行うような小教区をもてるような規模感ではない。司祭は相変わらず足りない。参列者がピークに達しているとは感じないが、日本においても特別形式ミサを取り巻く環境は決して楽観できる状況にはないと思っている。

 トリエントミサの参列者を増やすために何ができるのかを考えた場合、自分は以下のことを目標としようと思う。
①月に2回は侍者の奉仕をすること
②可能な限り、家族でミサに与ることをあげること
③伝統ミサに参列した人に「ようこそ」と「また来てください」と必ず声掛けをすること
④①~③を微笑みをもって行うこと
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。