--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/13

クリスマスの季節が近づいてきた

 オーストリアから、今年最初のクリスマス切手を貼ったカバーが届きました。
早速UPして紹介します。

(下の画像をクリックすると拡大します)


 今年のオーストリアのクリスマス切手は、ビザンツ風のイコンに描かれたキリスト降誕の場面が描かれています。オーストリア郵政のサイトによると、この切手はオーストリア郵政の入っている建物に附属したユニエイトの礼拝堂の壁画からとったものだそうです。

 ユニエイトとは、別名を東方典礼カトリック教会といい、ローマ教皇の首位権を認めつつ、典礼の様式は正教会の伝統を守るグループのことで、カトリック教会の一員です。現在のウクライナに多くのユニエイトがいますが、オーストリアもかつては中欧の大国でもあったので、ウィーンにはウクライナ出身のユニエイトが今でも多く暮らしているとか。

 カバーの消印もドイツ語と、おそらくウクライナ語が表記されています。ウクライナ語はロシア語とよく似ているので、何となく意味が分かります。日本人が中国語の漢字を見て、何となく意味が分かるのに近いぐらいかな。日本でも国際交流をうたう切手をよく発行していますが、記念印に相手国の言葉を入れるというアイデアも新鮮でいいと思います。


 美しいカバーを送ってくれたオーストリアの趣友に感謝です

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。