--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/08

マルタのクリスマス切手

 地中海の小国、マルタから今年のクリスマス切手を貼ったカバーが届きました♪
早速紹介します。

(下の画像をクリックすると拡大します)



 4枚の切手のうち、右から2枚がクリスマス切手です。
一見ありふれた「馬小屋での礼拝」という構図なのですが、仔細に見ると奇妙な絵です。

 どこが奇妙かというと、女性たちが幼子イエズスを礼拝している点
聖書の記述に基づいて「馬小屋での礼拝」というテーマで描かれる場合、聖家族以外の登場人物は羊飼いや三人の賢者、または天使というのが主流です。

 私の記憶では女性がイエズスを礼拝する構図を切手で採用してるのは初めてです。さらによく見ると幼子イエズスの傍に立つ緑色の服を着た女の子、服装が周りの登場人物の着る服と全く異なっているのが分かります。

 あらゆる時代の人、あらゆる人々が時と時間を越えてイエズスの誕生を祝っているという意味を持った絵なのでしょうか?興味は尽きません。

 すばらしいカバーを送ってくれたマルタの趣友に感謝。
今年の無原罪の御宿りの祭日の記念になりました♪

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。