--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/12/29

聖トマス・ベケットの祝日 Fête de St.Thomas Becket

12月29日はカトリック教会の暦では、聖トマス・ベケットの祝日にあたる。
中世では全ヨーロッパに名の知れていた聖人だが、今日ではかなりマイナーになり、私の知りうる限り、この聖人が切手にとりあげられることはなかったのだが、2010年に遂に切手の題材として取り上げられた。

Aujourd'hui(le 29 décembre), c'est la fête de St.Thomas Becket sur le calendrier de l'église catholique.
Ce saint a été très au Moyen Age en toute l'Europe,mais de nos jours on le connaît peu et ,sauf erreur de ma part, ne le prend jamais au sujet des timbres postaux.
Enfin, en 2010, St.Thomas appartient sur un timbre.


img025.jpg

この切手は英領トリスタン・ダ・クーニャが発行したイギリスの歴史シリーズの記念切手(8種)の一つで、1170年に聖トマスがイングランド王ヘンリー2世の家臣4人に暗殺されたシーンが切手の題材となっている。

Ce timbre est celui d'une série des 8 timbres émis de Tristan da Cunha(l'archipél britannique de l'Océan atlantique). On représent dans le timbre une scène de l'assassinat de St.Thomas,commis en 1170 par les 4 chevalier du roi Henri II d'Angleterre.

トマス・ベケットの暗殺は国家に対する教会の独立を主張したことで国王から煙たがれれたためであった。
現代においても、中国では国家権力によって信仰の自由が侵され、教会の自立を主張する者が迫害を受けている。
トマス・ベケット切手をとりあげることで、迫害にあう中国の教会との連帯を示したい。

St.Thomas a engagé un conflit avec le roi Henri II sur l'indépendance de l'Église de l'Etat et a été assassiné.
Aujour'dui, le gouvernement chinois envahit la libérté de la foi et des fidèles pour l'indépendance de l'Eglise subissent la persécution.
Je voudrais monter une forte solidarité avec l'Eglise chinoise en difficulté en prenant le timbre de St.Thomas.


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。